カラコンの着脱と裏表の見分け方

>>送料無料
カラコンはモアコン

カラコンをつける前
カラコンを取り扱う時は手をキレイに洗って清潔にしておきましょう。手に付いている化粧品の脂や
雑菌などがレンズに付着するのを防ぐためです。また、爪が長いとレンズを破ったり、目を傷つける場合があるので短く切っておきましょう。

表裏の見分け方
カラコンはソフトレンズなので裏表が逆になる場合があります。装着する時には必ず表裏を確認しましょう。

カラコン表向きの画像

カラコン裏向き画像

見分け方は、人差し指にレンズを乗せた時に、レンズがキレイなおわん形になっていれば大丈夫です。表裏が逆になっている場合はフチが外側に少し沿った状態になります。

画像だと分かりにくいと思いますが、実際に手に取ればわかるので大丈夫です。

もう1つ別の見分け方として、色素の濃さの違いがあります。濃い方が表で、若干白っぽい方が裏になります。ただし、カラコンによっては当てはまらない場合があります。

もし裏表を間違えて装着すると違和感があるので、すぐに外してもう一度よく確認してから装着し直しましょう。そのまま装着していると目に傷をつけてしまう恐れがあるので、少しでも違和感を感じたら、必ず外して、裏表の確認のほか、レンズに傷や破損、汚れがないことも確認してから装着しましょう。

つけ方
利き手の人指し指にレンズを乗せます。もう一方の手の人差し指と中指でまぶたを大きく開き、黒目の上にレンズを乗せます。ゆっくりと瞬きをしてから黒目にきちんとのっていることを確認しましょう。

外し方
鏡の前でレンズの位置を確認します。利き手の中指で下まぶたを下げ、さらに利き手の人指し指でレンズを黒目から下の白目にずらします。その状態で、親指と人差し指でレンズの下の方をつまんで取ります。この時、指の腹の部分を使って外しましょう。爪や指先が目に触れると、目に傷がつく恐れがあるので決して爪は立てないようにしましょう。

外した後は、洗浄液で洗います。手のひらに洗浄液を数滴たらし、前後にゆっくりと表裏をこすり洗いします。この時も指の腹を使います。また、円を描くような洗い方はレンズの破損につながるのでやめましょう。

浸け置きだけでは汚れが落ち切らないので必ずこすり洗いを行う必要があります。

送料無料☆カラコン通販【モアコン】

このページの先頭へ