カラコンと酸素透過率

目(角膜)は呼吸をしています。
そして、基本的には角膜の上にある涙の層から酸素を取り入れています。

ところがカラコンの場合、着色されている分、普通のコンタクトレンズよりも酸素を通しにくくなっています。さらに、レンズのサイズが大きく角膜全体を覆ってしまうため、目とレンズの間の涙の分泌量が減ってしまい、酸素を取り入れにくくなってしまいます。

では、目が酸素不足に陥るとどうなるのでしょうか。

角膜新生血管
角膜が酸欠状態になると角膜に酸素を運ぶために血管が角膜に伸びていく症状です。

水疱性角膜症
角膜のいちばん内側にある角膜内皮細胞が死滅して、減少します。これが一定のレベルを超えると角膜が濁ってきてしまいます。一度進行すると元には戻らず、角膜移植が必要になる場合があります。

ところが酸素不足になるのはレンズのせいばかりとはいえません。例えば、毎日長時間の装用や期限切れの古いレンズを使い続けたり、洗浄不足による汚れも酸素を通さない原因になります。

カラコンをする際には、使用時間、使用期限を守ること、そして洗浄をきちんと行うことがとても大切なことになります。

また、柔らかい素材でできているカラコンは装用感の良さがメリットでありますが、逆に角膜に何か異常があっても気づきにくいという欠点があります。

だからこそ、正しい取り扱いを怠らないようにしましょう。

このページの先頭へ