カラコンと目の検査

カラコンを含め、コンタクトレンズを購入する前には必ず医師の診察を受ける必要があります。この診察は、処方箋を出してもらうことだけが目的の検査ではありません。

目の状態を調べて、コンタクトを装用するのに問題がないかどうか、そしてその人にあう適切なレンズを決めるための検査となります。

一般的な検査の流れとしては、問診、角膜の形状(ベースカーブ)の測定、度数を測る屈折検査、眼圧検査、視力検査、涙の量の検査、コンタクトの装用が可能かどうかを調べたあと、実際にコンタクトを装用してフィッティングや度数の調整を行い、処方するレンズを決定します。また、コンタクトのつけ外しの練習やケア方法などの指導も受けることができます。

ネット通販でカラコンを購入する際には処方箋の提示は義務付けられていません。だからといって、医師の診察を受けずに自己判断でカラコンを購入するのは目にとって極めて危険なことです。

コンタクトレンズは医療機器で、しかも直接目につけるものですから、必ず検査を受けるましょう。

ただし、ネット通販でカラコンを買うから検査を受けたいといっても断られる場合があります。そういう場合には、まず、カラコンを取り扱っている眼科で検査を受け、併設しているお店でカラコンを購入しましょう。

その後定期検査を受け、何の異常もなければ自分の好きなカラコンをネットで購入するという手段があります。

ただし、同じデータのものでもメーカーが変わると合わない場合があります。その時には、直ちに装用を中止して、医師の診察を受けましょう。

このページの先頭へ