カラコンと洗浄

通常カラコンはビンやプラスティックのケースに入った状態で届きます。中の液体は生理食塩水ですので、出してそのまま使用できるようになっています。

ワンデーの場合は1日装用した後、外して捨てるだけですが、長期装用タイプの場合は洗浄が必要になります。

必要なケア用品は、洗浄液・保存液・すすぎ液で、市販のソフトレンズ対応のものであれば使用できます。また、洗浄・保存・すすぎが1本になったMPS(マルチパーパスソリューション)が便利といえます。他にも、長期装用タイプならたんぱく質除去剤も揃えておくといいでしょう。

ここで注意したいのが2点

水道水で洗わない
こすり洗いをすること

カラコンはレンズ素材に水分を含んでいるため、水道水で洗うと、レンズが水分を吸収して、レンズの変形の原因になります。また、水道水にまれにいるアカントアメーバが付着して、角膜炎を引き起こす恐れがあります。

レンズはこすり洗いをしないと完全に汚れを落とすことができません。洗浄保存液に浸けておくだけで汚れが落ちると思っていたら大間違いなのです。

また、レンズの洗浄は装用前と外した後の両方に行いましょう。外した後は、1日の汚れを落とすため、装用前は1晩保存している間に落としきれなかった雑菌がケースの中で繁殖している場合があるためです。

汚れの蓄積は目の眼病の原因になるので、きちんとしたお手入れをしましょう。

しばらく、使わない場合でも、保存液は定期的に換えましょう。

このページの先頭へ