目薬の正しい扱い方

目薬といっても、ドライアイや疲れ目、結膜炎、眼病予防、目のかゆみなどのアレルギーなど症状によっていろいろとあります。医師から処方された目薬を使う場合は、医師の指示に従うようになりますが、ここでは一般的な取り扱いについてお話します。

目薬の使用期限
使用期限は目薬によって違いますが、一般的には1か月~3か月となっています。ただし、1度でも使用した目薬については、濁りや浮遊物がないことを確認してから使いましょう。

正しい保管方法
ico06未開封の場合
室温(1℃~30℃)で保存しておけば使用期限内は使うことができます。

ico06開封後
キャップはしっかり閉めて、冷暗所に保存しましょう。

直射日光が当たる場所や真夏の車の中には置かないようにしましょう。

ico06冷蔵庫で保管してもOK?
冷蔵庫での保管してもOKですが、凍らせないようにしましょう。

就寝前の点眼
寝る直前に目薬をさすのはやめましょう。眠っているときは涙液の交換が起きているときと比べて、少なくなります。成分が目に残りやすくなり、場合によっては目に刺激を与える場合があります。少なくとも眠る5~10分前までに点眼しましょう。

カラコンによる目の乾燥や疲れ目を手軽に緩和できるのが目薬のいいところですが、薬ですので正しい取り扱いを守りましょう。

このページの先頭へ